先輩ナースの声

入職1年目の看護師より

看護師として働き始めた頃は覚えることが多く、業務が上手く回らなかったり、社会人1年目・・・

詳しくはこちら

中堅看護師より

入職時に教育基盤が充実している事にとても感心したのが懐かしく感じられますが・・・

詳しくはこちら

ママさん看護師より

現在3人目の育児休暇中です。仕事と育児を家族の協力を家族の協力を得ながら・・・

詳しくはこちら

入職1年目の新人看護師より

看護師として働き始めた頃は覚えることが多く業務が上手く回らなかったり、社会人1年目として不安なことも多くありましたが、先輩や同期の声かけや支えにより困難なことも乗り越えられました。
また、処置や病態などわからないことも多く、自宅での学習や職場で急いで調べることもあり、少しずつわかるようになりました。仕事も楽しく感じています。
今後の目標は、知識、技術の向上と基礎教育で学んだことを土台に臨床実践能力を高めていきたいと思います。

勤務年数1年
S.H

中堅看護師から、宮崎病院看護部について

入職時に教育基盤が充実している事にとても感心したのが懐かしく感じられますが、入職して今年4年目を迎える事になりました。
当院では新入職者に対して、教育スケジュールパスを中心とした、集合研修・ローテーション研修などがあり、細かな教育プログラムの中で現場教育がマンツーマンで実施されます。
プリセプターのみでなく多職種スタッフを交えた中で、みんなで育てるという環境がある中で教育に関わることができ、皆様にとても感謝をしています。
いつも大切だと思うのは思いやりの心で、指導においても心を込めてひとつひとつ動作を行い、おもいやりの心が関心や気づき、学習意欲に繋がること、良い環境をつくること、良い相互作用を育むことを伝えながら、ひとりひとりが患者様の心に寄り添える看護ができるようになればと思い関わっています。
看護技術においては、マニュアルに基づき、根拠に基づいた技術の習得、学習面においては病態だけでなくどんな看護が必要になってくるかを考えながら学習するように伝えています。
患者さんの最終目標はその人らしい生活を取り戻すことなので、その人らしい生活がどのようなことなのかをリハビリを通し考えどんな介入方法があるのかQOLも含め一緒に考えたりしています。
その新入職者教育を通しても私自身自分の方が成長させてもらっていると思います。
理念にもありますが、全ては心を込めて患者さまの為に、微力ながらも感謝の気持ちを力にして、日々頑張っていきたいです。

勤務年数4年
臨床経験年数14年
M.N

ママさん看護師より

現在3人目の育児休暇中です。
仕事と育児を家族の協力を得ながら何とか両立させ急性期病棟のサブマネージャーをしています。
職場には私のように小学生未満の子どもの育児をしているスタッフが沢山います。
両立できるのは同世代のスタッフが多いこと、託児所の併設や日勤・夜勤ともに定時で終業し帰宅できる職場環境にあると思います。
委員会活動も充実していますが、委員会の仕事での残務はほぼありません。
仕事は大変ですが、その分子どもと過ごす時間が濃密なものになっています。

サブマネージャー
S.M